Blog:ちょっと便利技

パソコンのスクショの便利な方法

最近テキストを作り直したりしています。
新しくソフトがアップデートされると、表示も変更されてうまく説明できない事もあるからです。

そこで、今回イラレのテキストを修正している時に使っている、スクショの撮り方を少しご紹介します。
パソコンでは、『スクショ』というより『キャプチャー』という方が多いかもしれませんが。

有名どころでは、『PringScreen』のキーです。
これを押すだけで、モニターに映っている個所をスクショしてくれます。

 

PCのスクショの方法1

 

私が2つのモニターを使っているので、横モニター2個分のスクショになってますが、映っている部分を全てスクショしてくれます。
ただPCの場合は、スクショしただけでは保存されていませんので、『ペイント』にでも張り付けて保存してください。

 

これでも、フォトショで、切り抜きすればいいのですが、少し手間です。
こんな場合、『Alt』+『PringScreen』です。

イラレの画面だけスクショしてくれます。

 

イラレのスクショ

 

これでもまだまだという方、『Win』+『Shift』+『s』を押すと、ドラッグで必要な箇所だけスクショを撮れます。

 

部分的スクショ01

 

『Win』+『Shift』+『s』を押すと、画面が暗くなります。見たことないボタンも上に表示されました。
そこで、欲しい箇所だけをドラッグします。

 

部分的スクショ02

 

ドラッグを離すと、右下に小さな窓が表示され、メッセージが表示されます。※赤囲み部分

 

部分的スクショ03

 

クリックすると、『切り取り&スケッチ』というソフトが開いて、選択した部分のスクショが表示されています。

切り取り&スケッチ

ペイントなどに張る手間が省かれ、ここから保存できるようになります。

 

授業の中でも必要であれば、ご紹介している『ちょっと便利な技』でした。

 

以上、資料作りなどに役立ててください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Good Site&Blog

    アーカイブ

line@
ワンズFACEBOOKはこちら

パソコン教室の更新情報青い建物が目印!